総合流通加工事業General distribution processing business

加工事業

海をみつめ、やわらかな発想で製品を発信…

市場より鮮度抜群の魚介類を手早く加工して全国へ直送・流通させています。
自然が育んだ恵みをより美味しく加工して、安心・安全なひと品をお届けすることに努めています。

施設概要

管理棟

南側に面し太平洋を一望出来る位置に配置して、明るい環境づくりをテーマに白を基調とした衛生的な施設とした。又クリーンルームや加工場との間仕切をガラス張りとして作業の管理を徹底出来る様に心掛けた。

サニタリールーム

自動水洗、自動石鹸、エアータオル、アルコール消毒液、エアーシャワー、白長靴洗浄槽や自動扉を設置した

カッパ乾燥室

男女別の乾燥室とし、女子50名、男子8名分の乾燥室を設けた。

カッパ洗浄室

混合水栓によるシャワーによりカッパ、白長靴の洗浄を効率的に行い、衛生面を考慮した。

クリーンルーム

通年室温を一定に保つ冷暖房設備。

加工場

冷却井水利用の為、冷却装置、流水殺菌灯、貯水槽(25t)を装備、オゾン水で洗魚等を行い、特に衛生面に留意した。

トンネルフリーザー

刺身用さんまフィレー、いわしフィレー等の凍結に使用。
倉内温度 -36℃~-45℃  凍結能力 最大 500㎏/時間

サンマ原魚槽(活魚水槽)

原魚槽10トン×4槽=40トンを装備。海水を紫外線流水殺菌し、酸素供給装置、濾過装置と冷却装置により鮮度保持に努める。又、活魚水槽としても活用する。

サンマ処理設備

共通ライン/汲上コンベア、特上コンベア
ジャミライン/(15kg冷凍パン詰、ジャミ取機、ジャミ特上コンベア、自動定量機)
生ライン/生鮮出荷用として発砲魚箱詰め作業を行う為、重量選別機、搬送コンベア、アイスフィーダー、サイドカートンシーラー等を装備。
冷ライン/冷凍サンマは段ボール箱詰の作業を行うため、重量選別機、搬送コンベア、自動梱包機等を装備。

除菌解凍装置

冷凍原魚、1日2トンを除菌解凍する。

冷風乾燥装置

干物製品の機械乾燥処理(2室)

天日乾燥室

屋上に設け、自然の光と潮風による自然乾燥により付加価値を高めている。(総ガラス張りとし、自動ガラス窓開閉装置を整備、又台車20台を設置できる面積とした。)

包装資材室

高速シャッターの取付により、外気との遮断をすばやく行い、資材の衛生面に留意した。

包装室

包装資材室に隣接しベルト式真空包装機2台、金属探知器3台を装備。

ボイル室

ツブやカニのボイル処理の為ボイル槽2基、秋サケフレーク処理の為、蒸し庫2基を装備。

エレベーター

屋上乾燥室へ干物の搬送の為エレベーター1機を設ける。
積載量750kg

活水器サンダーシステム

磁場と遠赤外線の相乗効果にて水を活性化させ熱伝導の向上及び赤サビと水アカ抑制効果で省エネルギーを実現する事により環境への負担を低減

所在地 釧路市西港1丁目98番18号
敷地面積 16,500㎡
建物面積 2,447㎡(741坪)
構 造 鉄骨造り一部2階建て

主な機器設備

コンピューター選別機、オートパックシーラー、フィレマシーン、ボイル槽、蒸し器、オゾン生成装置、流水殺菌装置、井水循環冷却装置、冷風乾燥装置、天日乾燥装置、除菌解凍装置、トンネルフリーザー(処理能力 1時間当り:500kg)

処理加工施設

鉄骨造 2階建
建築面積 1,906.85㎡
延床面積 2,447.20㎡

 

排水処理施設

鉄骨鉄筋コンクリート造 平屋建
建築面積 147.73㎡
延床面積 61.72㎡
処理能力 150トン/日
排水処理槽 方式:嫌気好気活性汚泥法
加圧浮上分離式処理 20トン/時

倉庫棟

鉄骨造 一部2階建
延床面積 367.20㎡

 

施設合計面積

建築面積 5,693.24㎡
延床面積 8,473.21㎡

主な取扱品目

  • さんま・生鮮・冷凍・餌料・フィレー
  • いわし・生鮮・冷凍・飼料・フィレー
  • ししゃも・ほっけ・かれい・さんま他(干物)
  • さば・生鮮・冷凍・飼料・フィレー

ISO9001取得

当漁協加工施設は安全な食品衛生基準ISO9001を取得しています。

当漁協加工施設はISO9001:2001JIS規格国際標準化機構より国際規格による『魚製品の開発及び加工』での品質管理マネジメントシステムの適用認証工場です。
近年、食品の安全、安心性が強く要求されている時代のニーズに応えることができる製品を製造、販売します。

製氷・冷凍事業

充実した設備でニーズにお応えします

総合流通センター内に製氷・冷凍工場を完備。
また、釧路市海運の北埠頭には貯氷・氷供給施設が整備され、ご利用される皆様のニーズに対応する体制を整えています。

施設概要

冷凍冷蔵施設

建築方式 鉄骨鉄筋コンクリート造 2階建 1階
延床面積 3,215.74㎡
凍結室 冷凍屯数:10トン×4室=40トン/日
冷凍方式:エアーブラスト方式・エンジン直結駆動式スクリュー冷凍機
冷蔵屯数
冷蔵室(A) F級-40℃ 462トン
冷蔵室(B) F級-30℃ 1,020トン
冷蔵室(C) F級-30℃ 1,520トン
合   計 3,002トン

冷却方式:ダイレクト冷風吹出送風方式・スクリュー冷凍機ユニット

低温室(±2℃) 鮮魚の整理・脱パン、凍結台車の荷捌を行う為、温度を±2℃として 製品の鮮度保持を行う。 冷却方式:天吊クーラー直吹方式・一体型スクロール冷凍機
主な設備 搬送設備:(凍結室)凍結台車80台
冷蔵室:フォークリフトによる入出庫
エレベーター設備:積載量4,000kg

製氷貯氷施設

建築方式 鉄骨鉄筋コンクリート造 2階建 2階
延床面積 2,381.36㎡
製氷屯数 80トン/日(角氷135kg)×14缶吊カングリット方式
製氷方式:ブライン循環方式
冷凍機方式:ユニット型スクリュー単段全自動冷凍機
製氷用給水冷却:空冷式チーリングユニット
貯氷屯数
貯氷室(A) 1,288.8トン
貯氷室(B) 1,719.3トン
合   計 3,008.1トン

冷却方式:ダクト冷風吹出送風方式・レシプロ冷凍機ユニット

主な設備 氷搬送設備

  • スラットコンベア:1台
  • ガッチャマン:2台
  • ロアレーター:1台(搬送能力:角氷7本用)

砕氷設備

  • スラットコンベア:2台
  • 一本押出機:2台
  • 砕氷機:2台
  • 2次砕氷機:1台
主な機器設備 トンネルフリーザー、コンピューター選別機、さば腹骨取り三枚卸機、オートパックシーラー、フィレーマシン、貫流式オゾン水製造機、井水循環冷却装置、天日乾燥装置、ウエイトチェッカー、シールエイト

製氷貯氷施設

構 造 鉄骨鉄筋コンクリート造
延床面積 2,381.36㎡
製氷屯数 80トン/ 日 (角氷135kg)×14缶吊
製氷用給水冷却 空冷式チーリング
貯氷屯数 貯氷室(A): 1,288.8トン
貯氷室(B): 1,719.3トン
合計 3,008.1トン

冷凍冷蔵施設

構 造 鉄骨鉄筋コンクリート造 2階建
延床面積 3,215.74㎡
製氷屯数 エアーブラスト方式・エンジン直結駆動式スクリュー冷凍機
製氷用給水冷却 空冷式チーリング
貯氷屯数 冷蔵室(A): F級-40: 462トン
冷蔵室(B): F級-30: 1,020トン
冷蔵室(C): F級-30: 1,520トン
合計 3,002トン

貯氷・氷供給施設概要

所在地 釧路市海運2丁目1
構 造 鉄骨構造地上1階、搭屋1階
敷地面積 1,654.73㎡
延床面積 970.54㎡
破砕能力 (海積用)90トン/h・(陸積用)50トン/h
貯氷量 貯氷室1庫腹量600トン
貯氷室2庫腹量400トン