ナメタカレイ(ババガレイ)

ナメタカレイ(ババガレイ)

(旬 年中 )

ナメタカレイ(ババガレイ)は楕円形の体を持ち、その体表には粘膜が多く口の小さい独特の風貌を持ったカレイです。

有眼側は暗褐色で表面には大小様々な斑点があり、無眼側は限りなく白に近いピンク色をしており、表と裏の見た目が全く違うカレイである。

粘膜の多さからナメタ(滑多)カレイと呼ばれています。

煮付けにして食べると大変美味しく、冷めると煮こごりができ、その味はカレイの最高級品とも言われている。