ほっけ(ホッケ)

ほっけ(ホッケ)

(旬 春)

ほっけは大きさによって「青ボッケ」「ロウソクボッケ」「真ボッケ」「根ボッケ」と呼び名が変わります。

ほっけの寿命は8~9年。回遊魚で産卵時期になると一定の場所に定着します。その時オスの体は全体的に白みを帯び、頭と尾に「婚姻斑」と言われる模様が浮き出てきます。

ほっけの卵は孵化するまでオスが献身的に面倒を見ます。その間は一切食べ物を口にしません。

ほっけは「開き」が有名ですがその他にも「フライ」や「煮付け」「ハンバーグ」なども定評があります。