第十章 シシャモのふ化事業のあゆみ

ふ化事業のあゆみ

昭和28年

ししゃも資源保護対策始まる。

昭和29年

旧雄別鉄橋上流1km地点(低質:砂礫)にししゃも天然産卵床を発見する。

密漁取締りを始める。

昭和30年

11月14日から5日間、その上調査、天然産卵床調査を引き続き実施。

岩保木(釧路川河口から11km地点)で、シュロ皮を利用し搾出方式による育苗試験を実施。

昭和32年

漁業転換対策を樹立し、特別採捕によって「ししゃも桁網漁業」が始まる。

昭和33年

細岡(釧路川河口から20km地点)で天然産卵床を発見。

岩保木水門附近、ひょうたん池、春採湖において人口ふ化事業を実施。(4万粒を埋設管理)

昭和36年

ししゃも人口ふ化事業に道費14万円が補助される。

ふ化盆にグラスウールを採用する。

北海道物産展が始まり、消流対策として、釧路市が「ししゃも」の特産品の宣伝に乗り出す。

昭和37年

「ししゃも桁網漁業運営協議会」(釧路市・釧路市東部・昆布森・白糠漁業協同組合の4漁協で構成)が発足、人工ふ化事業推進の母体となる。

親魚捕獲場所、愛国浄水場下、釧路川左岸でおこなう。

受精卵1億3千5百万粒雪裡川・茶路川に埋設管理。

昭和46年

通産相並びに道に対し「外国産輸入シシャモ」反対陳情を行動。

受精卵1億3千万粒を雪裡川に埋設管理。

昭和48年

第2次沿岸漁業構造改善事業により「茶路川ししゃもふ化場」の建設に着手、同49年竣工。

昭和49年~62年

各年、受精卵1億2千万粒から3億粒を「茶路川ししゃもふ化場」収容、ふ化事業を推進。

昭和63年

広域種苗生産施設整備事業(ししゃも種苗生産施設)、天然産卵方式による「釧路川ししゃもふ化場」を建設。

(人口ふ化事業実績)

「釧路川ししゃもふ化場」3億粒収容

「茶路川ししゃもふ化場」1億粒収容

平成13年

広域種苗生産施設整備事業(ししゃも種苗生産施設)、天然産卵方式による「庶路川ししゃもふ化場」を建設。

(人工ふ化事業実績)

「釧路川ししゃもふ化場」1億粒収容

「茶路川ししゃもふ化場」3億粒収容

平成14年

沿岸漁業構造改革事業(ろ過施設)を建設。

庶路川ししゃもふ化場

釧路川ししゃもふ化場

釧路川ししゃもふ化場

第九章 シシャモのふ化事業

第十一章 子持ちシシャモとは?